こだわりの注文住宅なら千葉工務店。宮城県東松島市、石巻市、木造住宅、健康住宅エアサイクルの家。

賃貸住宅の屋根はちょっと特殊!

2017年10月13日(金)

こんにちわ!(株)千葉工務店です。ペットと同居可能な賃貸住宅新築工事は順調に進んでおります。今回はこの現場で採用したソーラーパネルををご紹介します。

①垂木、野地合板を施工後一回目のアスファルトルーフィングを施工します。

②通常ですと一回敷き込んで終了のルーフィングですが、今回は更に2回目のアスファルトルーフィングを敷き込み防水対策を入念に行います。

③今回採用したソーラーパネルは屋根材そのものがソーラーパネルになっています。写真には見えませんが通気層もしっかり確保してあります。通常のソーラーパネルの取付は屋根の施工後にソーラーパネルを取り付けるため、屋根にビスや釘で穴をあける必要があり雨仕舞に不安が残ります。しかし今回のパネルはそのビスや釘の穴がパネルで完全に覆われてしまう為、雨漏りの心配もないです!

 

 

間もなく現場も完成です。また写真にてご紹介いたします!