こだわりの注文住宅なら千葉工務店。宮城県東松島市、石巻市、木造住宅、健康住宅エアサイクルの家。

長期優良住宅とは、簡単に言えば、長期にわたり住宅を良好な状態で長持ちさせるために必要な基準を設けておき、その基準をクリアした住宅のことです。

長期にわたりというのは、新築時の建物プランにおいて長期的に良い状態を保つことができるものであり、かつ、新築後の維持管理・メンテナンスのしやすさも考慮されたものであることです。新築された時点だけではなく、将来のメンテナンスのしやすさまで評価する点が特徴的です。

長期優良住宅とすることで、購入または新築する住宅を長期にわたり良好な状態で使用できることがメリットであるのはもちろんのこと、大きなメリットとしては、減税効果です。一般の住宅と比べて住宅ローン減税や登録免許税・固定資産税などの軽減効果が大きく、金銭的なメリットがあると言えるでしょう。但し、建築コストがあがったり手続きにかかる費用が生じたりすることもあるため、総合的な判断が必要とも言えます。

所得税の住宅ローン控除

居住開始年が平成25年であれば、控除対象限度額が一般住宅なら2,000万円のところ、長期優良住宅なら3,000万円となります。10年間の最大控除額は一般住宅なら200万円のところ、長期優良住宅なら300万円となります。

所得税の投資型減税

標準的な性能強化費用相当額(上限500万円)の10%相当額を、その年の所得税額から控除できます。また、控除額がその年の所得税額を超える場合は翌年に控除できます。

登録免許税

所有権の移転登記・保存登記の登録免許税が軽減されます。

不動産取得税

一般住宅であれば1,200万円の控除ですが、長期優良住宅であれば1,300万円の控除となります。

固定資産税

固定資産税は、一般住宅であっても1/2に軽減されていますが、軽減期間が3年のところを5年となります(一戸建ての場合)。また、フラット35S(住宅ローン)において金利優遇を受けられるメリットもあります。

長期にわたって快適に暮らせる家を「長期優良住宅」の認定を受けて建築し、税制面でお客様の負担を軽くするご提案が得意です!

私たちは、これまで数多くの住宅において、「長期優良住宅」の認定を受けたうえで新築させていただいた実績があります。認定を受けるために必要な家の設計や仕様づくりから、県への申請にかかる書類作成まで一貫して対応できます。
長期優良住宅で、住宅にかかる税金を少しでも減らしたいとお考えの方は、ぜひ一度、千葉工務店にお問い合わせください。