こだわりの注文住宅なら千葉工務店。宮城県東松島市、石巻市、木造住宅、健康住宅エアサイクルの家。

暮らしやすい家って、どんな家?
それは、家の中の「温度」や「湿度」を心地よく保つこと。夏は強い日射による暑さをやわらげ、冬は底冷えを感じさせないようなつくりにします。部屋がじめじめしないよう、湿度を低く保つようにします。目には見えないけれど、このような気配りをした家の心地良さは誰もが感じ取ることでしょう。エアサイクルの家は1984年、そんな家づくりを目指して生まれました。仕組みは単純。建物のまわりをしっかり断熱し、壁の中などの空気が自由に動くようにしています。

私たちは、地元で60年以上の歴史ある安倍製材所の厳しいプロの目で選ばれた上質な木材をつかうことにこだわっています。
千葉工務店が最も大切に考えている「何世代も受け継がれる長持ちする家づくり」ためには、柱となる木材が重要なのは当然といえましょう。

最近は外国の木材であっても、国産にひけをとらない上質なものがたくさん輸入されています。製材所との長年の信頼関係から手に入る上質な木材を、できる限りお安い価格で提供すること。
これも私たちの大切な使命であると考えています。

引渡しが済んだお客様のところへ、お盆と年の暮れの年2回ほど、ご挨拶も兼ねて住み心地や何か不便な点はないか雑談しながらお話をさせていただいております。完成した家はお客様のライフスタイルにあっているか。何らかの不具合は出ていないだろうかを常に考え、完成後も
お客様とのお付き合いを大事にさせていただいております。

  • ・お盆と年末の年に2回、訪問し家の状態を確認しています
  • ・お客様感謝祭の実施
  • ・何らかのトラブル時は、最短で当日にお伺いいたします